本文へスキップ

名古屋市の浮気調査なら成功報酬型の探偵社チカタン




各種調査のご相談からご報告までの流れ



匿名でお電話・メール等でお問い合わせ
調査費用の見積もりの依頼



まずは匿名でお問い合わせ下さい。お問い合わせ方法は、その場で素早く知りたいことがわかるお電話でのお問い合わせやメール等でも可能です。

こんなことが知りたい!
完全匿名でお問い合わせ下さい

● 調査の費用はどれくらいになる?
● こんな情報が知りたいんだけど調べられる?
● 調査依頼する時にはどんな流れになるの?
● こんな調査だと、どれくらい期間がかかる?
● 相手にバレないように調べられる?
● 明日、緊急で調査して欲しいけど可能?

・・・等々、調査依頼をご検討の際、頭に浮かぶ疑問・ご質問・気がかりな事、費用など、お気軽にお電話下さい。私共、探偵の業務依頼に関わる事でしたら、喜んでお答え致します。

皆様はじめて探偵に調査依頼・調査相談される方が殆どです。ひとりで悩まずに、勇気を出して、まずは気軽にお電話などでお問い合わせ下さい。現在、相談者さまが抱えていらっしゃるお悩み・問題をお聞きした上で、安価で安全な調査方法のご提案と、調査費用のお見積り金額をお電話等にてご提示できます。

尚、お問い合わせの段階で、こちらからお名前やご住所、連絡先の電話番号などをお尋ねすることはありません。加えて、お問い合わせの段階で後日、折り返しご連絡を差し上げる事は弊社では一切ございません。ご安心下さい。

こんな探偵社・興信所に注意
「翌日からしつこい営業電話」
相談者様が、とある探偵社に相談の電話をしたところ
翌日から毎日のように担当者から電話が掛かってきて
「調査やりましょう!」「もう決めましょう!」等と
しつこく営業してきて困惑した・・・。
そんな探偵社さんがあるようです。
皆さんもお電話される前に
注意される事をお勧めします。


ご都合の良い日時で面談予約
来社しての無料調査相談



無料の電話相談などで、調査に関するご説明や調査期間・調査費用の見積もり金額などの詳細な説明をお聞きになった上で、もしも前向きに弊社での調査依頼をご検討を頂けるようでしたら、次のステップとして来社しての直接面談のご予約をお取り下さい。



探偵調査はお客様のプライバシー保護を第一にサービス提供をするのが絶対的な原則です。間違っても来社時に、他の相談者様や依頼者様と鉢合わせする等のバッティングがあってはなりませんので来社は予約制のカタチを取らせて頂いております。

来社面談は他のお客様の来社予定が埋まっていなければ、当日予約も充分可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

また、来社して頂いて面談したからといって、その場で必ず調査契約の有無を決断しなければならないといったものではございません。実際に顔をみてじっくりお話しさせて頂いた上で、その日は帰宅されて一度、ご自宅で最終検討されるといった事で問題ございません。

こんな探偵社・興信所に注意
「契約するまで帰らせてくれない」
とある探偵社の相談に行かれた相談者様が、その日は契約せず帰ろうとすると、それまで穏やかだった相談員の態度が豹変「今が決断する時です!」「現実逃避はダメです!」等と強引な営業トークで引き止められ、結局、調査契約するまで帰らせて貰えなかったという悪徳探偵社が多々あるようです。そんな探偵の共通点は【電話相談は早々に切り上げ、とにかく事務所へ来る事を強く促してくる】のが特徴。お気を付けください。


丁寧に契約書の内容を読み上げ説明
法律家監修の調査契約書にて法令に則り契約




調査依頼に関して充分な説明受けた後、弊社での調査依頼についてご安心・ご納得頂けた場合のみ、調査契約をご決断下さい。

弊社の調査契約書は、法律家監修の元で作成され、法令に則ったものであり、依頼者様を契約トラブルから守るためのものです。

契約の際にはお忙しいところ申し訳ございませんが、30分程のお時間を頂き、契約書の内容全文を依頼者様の前で丁寧に読み上げ、分かりやすく解説させて頂きますので「怪しい文言がこっそり契約書に書き込まれていないか?」といった心配は一切ございません。また、契約締結後は契約書の控えをお渡し致します。

こんな探偵社・興信所に注意
「契約書の内容を丁寧に説明しない」
契約書の内容は、契約時に一言一句まで確認すべきです。後々になって契約書を盾にして多額の追加料金を請求された、などといった探偵社の悪い評判が後を絶たないからです。
      契約時に契約書の内容を
丁寧に説明せず、ぞんざいに扱う
探偵社は契約トラブルをたくさん
抱えている可能性があります。

依頼して頂いた調査業務を安全・確実に実施
適時、安全且つ安価で済む調査方法のご提案



契約書を取り交わし調査契約締結となりましたら、調査実施となります。調査実施に関しては弊社の社是である【依頼者の立場で考え行動する】事を徹底し、下記の重要ポイントを常に考慮しつつ考え、ケースバイケースで検討し適時、依頼者様にご提案させて頂きます。

依頼者さまの立場で考え行動する
ここが大切なポイント


● 品質の高い調査結果を導き出す調査を目指す
● 安全面を考慮した調査で確実に調査成功する
● 依頼者様の負担する費用を極力抑える努力
● 出来るだけ短い調査期間で最高の調査結果を
● 調査期間中、依頼者が安心できる情報開示
 

上記のポイントを常に考え、ご依頼頂いた調査を丁寧に、それでいて安全かつスピーディに実施し、最良の結果を導き出せるよう尽力させて頂きます。

弊社は高い技術力を自負する探偵社でもあります。最良の結果は最高の技術力・人材・そして依頼者様のご協力と信頼があってこそ成し、得られる結果なのです。

また、浮気調査などでは証拠撮影の技術力が調査結果の品質に如実に表れます。下記リンク先ページにてその一端をデモンストレーションしております。お時間がございましたらご覧下さい。


↑↑↑
浮気調査などで証拠撮影に使用される調査機材による撮影デモンストレーションはこちら


依頼者さまのご都合の良い日時に来社頂き
調査報告書をお渡しする調査ご報告




調査完了となりましたら、迅速に弊社担当者より依頼者様に「調査完了」のご連絡をさせて頂きます。その際に、調査報告の為に来社頂く日時を、依頼者さまのご都合の良い日時で決めて頂きます。尚、浮気調査の場合、原則5~7日間の調査報告書作成期間を頂きますのでご報告日はそれ以降となります。

ご報告時にはも法律家の指導監修のもとに裁判・調停などの民事訴訟の証拠資料としての提出を考慮され、然るべき法的な書式に則った高レベルな書面での調査報告書を提出させて頂きます。

また動画資料が付帯する調査の場合は書面での調査報告書に加えて、ブルーレイディスクでの動画調査報告書をセットしてお渡し致します。

近年になり裁判資料として動画資料の提出も認められました。従来の書面の調査報告書に比較して、動画媒体の資料の方が裁判などで裁判官・調停員らへの訴求力が高いのは想像に難くない事実です。調査を依頼される場合はこういった高品質な動画媒体の調査報告書が受け取れる興信所・探偵社を選択されるべきとご助言差し上げる次第です。


↑↑↑
浮気調査の調査報告書のサンプル見本はこちら



調査報告完了後も万全のアフターフォロー
離婚専門弁護士・行政書士の優先的紹介



調査報告後にも弊社の依頼者様には無料のアフターフォローが付帯致します。依頼者様には弊社が業務提携している各分野の有能な弁護士・行政書士の紹介が可能です。

ご存知でしょうか?弁護士を代表とする法律家にも得意とする分野があります。離婚問題・相続問題など各種民事訴訟案件毎に、その得意分野は多岐にわたります。

弊社ではご依頼された調査案件に属する問題を得意分野とする経験豊富な弁護士・行政書士なをチョイスして依頼者様に優先的にご紹介が可能ですので、弊社での調査報告の結果を120%有効活用して、可能な限り最良最高の結果をあなたにもたらす事ができます。

実際に弊社の浮気調査の依頼者さまは、一般的な慰謝料額より平均20%以上、慰謝料受取額が高額になっています。その理由の大きな要因も、こうした本当の意味で有能で各分野にマッチしたスペシャリストの法律家を選んで優先的にご紹介しているからなのです。企業間のしがらみや付き合いではなく、真の意味で【依頼者様の立場になって考え行動する】弊社の社是をそのまま実行すれば、餅は餅屋という事なのです。


↑↑↑
チカタン依頼者が受け取った慰謝料の金額が平均25%高額になっている理由はこちら







法律事務所に電話をして、弁護士に法律相談の予約を取り、そして当日、初対面の弁護士に適切にご自分の問題の説明をした上で、自分の望む事を正確に伝える。そんな一連の作業は緊張するものですし、心身の負担も少なくないものです。

弊社では提携する弁護士のご紹介を依頼者様が希望された際は、この一連の作業を無料で代行します。簡単に申しますと、依頼者様と弁護士の予定をこちらの方で調整し、相談日程の予約を代行します。

そして、法律相談に行かれる初回相談当日は、依頼者様のご希望があれば、無料で弊社担当者が弁護士面談に依頼者側の代弁者・付添人という位置づけで同行同席をさせて頂きます。



相談の場では、依頼者様の現在の状況の説明、そして依頼者様が弁護士に何をお望みで何をご依頼されたいのか、それが可能であるのかを含め、例えるなら【誰を訴えたいのか】【幾らぐらいの慰謝料を請求したいのか】といった具体的なお望みを事前にヒアリングさせて頂き、それを当日、依頼者様が緊張してお話しがうまくできていない様子であれば、代わりに弁護士にお伝えしたり、その他、弁護士に質問したいこと等も、代わりに質問するなどさせて頂きます。

緊張する初回面談の席で、限られた面談時間の中、無駄なく、適切に、依頼者様のお気持ち・要望を弁護士に充分にお伝えるお手伝いも喜んでさせて頂きます。

特に離婚・不倫問題などは時間との闘いという側面があります。不倫をしている当事者らが防衛策を講じる前に迅速に不貞行為の証拠取得、そして法律家を通じて慰謝料請求をする、といった一連の流れを素早く行う事が肝要です。

相手が充分な準備をする時間を与えず、常に【戦いの主導権を自分が握る事】それこそが依頼者様が係争を有利に進める秘訣であり、問題を早期解決に導く近道になります。




提携する経験豊富な行政書士による
「示談書・誓約書・念書」の作成も可能

提携弁護士の初回面談時の予約代行
初回は弊社担当者が同行同席のサービス




加えて、依頼者様のご要望にお応えして、提携する経験豊富な行政書士を通じての示談書・和解書・誓約書・念書などの法的書類の作成依頼、相手に対して通告書などを内容証明書類として代筆代行する等も可能ですので、依頼者様が抱えておられる問題に数万円という安価な費用で、スピーディに対処を実施する事ができます。

探偵社と法律家を別々に探して問題解決の依頼をされるよりも【最初から業務提携されている探偵社+法律家】に一括して問題解決依頼をされた方が、連携がスムーズにできますし相乗効果も得られます。

なにより日常生活に加えて大きな人生の問題も抱えて、精神的に疲弊しておられる依頼者様にとって、探偵社と法律事務所に別々に事情説明したり、連絡といった煩わしい作業が半減できる事は、精神をすり減らす民事係争の中において、大きなメリットになります。