GPSレンタルを利用して自分で浮気調査するリスク解説 探偵社チカタン

名古屋の浮気調査の探偵社チカタン

見出し

GPSレンタル業者を利用して
自分で浮気調査すれば証拠が安く取れる?

GPSで位置確認して自分で浮気調査

あなたは・・・プロの探偵の浮気調査を真似て、チャンスがあれば「ダメで元々!」という気持ちで、 自分自身で夫(妻)の浮気調査をしてみようかな?と考えた事はないでしょうか?

加えて最近はリアルタイムで位置情報を検索できるGPS機器を一般個人にレンタルしてくれる業者さんもいらっしゃるのもあってか、 猶更、安易に 自分で浮気調査・セルフ浮気調査 を検討される方がいらっしゃるようです。

確かにプロの探偵業者を頼らず、ご自身で不倫調査が出来たなら、まず費用面でも平均して数十万円掛かる 浮気調査の費用を掛けずに済みますので大変魅力的な話ではあります。また、なによりご自身の夫(妻)が自分を裏切っているかもしれないという疑惑が浮かんでしまったら、当事者としては強い憤りに駆られて「自分自身の目で真実を確かめたい!」 という気持ちになってしまう無理からぬ感情とは理解できます。

確かにGPSは浮気対策に有効ですが・・・

『多額の費用を調査会社に支払って浮気の証拠を取ってもらう必要はない、GPSレンタルの利用すれば、尾行追跡といった専門技術の訓練を受けていない自分でも、簡単に浮気の現場を押さえ、証拠を掴む事ができるのでは?』

確かに本当にそうできるなら浮気調査の費用に比較すればGPSレンタル費用は少額でもある事を考えると(それでも相応の費用はします)妙案のようにも思えますが、そこには大きなリスクがあります。
探偵慌てる見出し

GPSレンタルして自分で浮気調査
違法行為として相手から訴えられるかも

逮捕

当事者の了解無く、GPS機器を使用して夫(妻)の行動を監視する行為は違法行為です。プライバシーの侵害にあたります。 たとえ、配偶者の浮気・不倫疑惑があったとしてもGPSを使用して個人のプライバシーを盗み見る・監視する行為は人権侵害にあたる可能性が高く、後々それが明るみに出れば不倫問題・離婚問題で夫(妻)と法廷闘争になった場合に、あなたは決定的に不利な立場に立たされる可能性が高いのです。

夫婦の間柄であってもプライバシーは守られるべきと考えられる事から、あとあとになって、あなたがGPSを使って配偶者の行動を監視していた事実が明るみに出れば (※民事訴訟になれば相手側の弁護士等からその点を突かれるのは当然です)不法行為を行って浮気の証拠を掴もうとしたあなたは、不倫問題の被害者でありながら、逆に不利な立場に立たされてしまうのです。

警察 また、GPSレンタルを行う多くの業者はそのあたりの危険性を説明する事をあえてしません。 そうする行為に大きな危険性とリスクが生じる事実をこうして説かれれば、誰もが安易にGPSを使って夫(妻)の浮気の事実を掴もうとはしなくなり、そうなればGPSレンタル業者の商売が立ち行かなくなるからです。しかしGPSレンタル業者はその実態を理解している為、 レンタル時には顧客に【GPSを法律に抵触する行為に使用しない】という事を書面で誓約させます。なにか問題が起こった時にはすべて責任はGPSを悪用した顧客側にあると証明するためです。

費用を節約する目的で、安易にGPSをレンタルする等して、ご自身で夫(妻)の浮気事実を掴もうとする行為はおやめ頂く事が賢明な選択といえます。
女性探偵が困った枠

浮気の現場を押えられたとしても
素人では鮮明な証拠写真の撮影は困難

たとえGPSを利用する等して、浮気の現場を見付けられたとしても、決定的な不貞行為の証拠映像の撮影は非常に困難です。 また当然ですが浮気の当事者である夫(妻)には、あなたは姿・顔・自家用車も一切見られてはいけません。すべてが夫(妻)の視界に入らないようにしなければなりません。そんな中で尾行追跡が可能でしょうか?それは非常に困難な事です。 たとえ、私共プロの探偵であっても顔見知りの人間を長時間、尾行追跡する事は不可能な事なのです。

また、浮気の当事者らはラブホテルに出入りする際は警戒心を強く持ちます。 そんなシチュエーションで、しかも暗いラブホテル構内で不倫の当事者2名の顔を鮮明に撮影するのは高い技術力と経験を要するものなのです。一般の方が家庭用のデジタルカメラ・ビデオカメラ・スマホで撮影可能なものではありません。

チェック枠 ↑↑↑
浮気調査は20メートルの離れた距離から
暗闇でも鮮明に顔写真を撮影する技術力

そんな不用意な事をいたずらに行えば、不倫の当事者らにバレてしまう事にもなります。 そうなれば、後の祭り、プロの探偵であってもそうなってからでは不貞行為の証拠を掴む事はほぼ不可能となってしまいます。当事者らが尻尾を出さなくなる可能性が大だからです。そうなってからでは遅いのです。

不倫・浮気問題でつらい

浮気調査・不倫調査は、調査対象者や浮気相手に見付からないように、短くても5時間程度から長ければ30時間近く、 調査対象者らの至近距離で尾行追跡・張り込み業務を継続する。もちろん、調査対象者らに調査実施している事実がバレる事は絶対にあってはなりません。そんな厳しいルールの中で、僅か数十秒あるかどうかの決定的な証拠映像の撮影チャンスを逃さず撮影する。 そんな特殊な技術と経験を駆使して実施するものであり、そのための訓練と充分な経験を受けていなければ完遂できない非常に危険でハードな業務といえます。

尾行追跡や隠密に証拠撮影する特殊な訓練を積んでいない一般の素人の方が行うセルフ浮気調査は【決定的な証拠撮影がうまく出来ない】といった調査失敗のリスクだけでなく、 最悪の場合、調査対象者にバレてしまう【調査発覚のリスク】があります。

それ以前にプロの探偵業者は素人が安易に探偵ごっこをする事を嫌います。 時折、GPSレンタル等を活用して自分で浮気調査をしてみたものの、いざ、探偵の真似事をしてみて初めて、浮気調査で確実な証拠撮影をする困難さを痛感した結果、そこからやっとプロの探偵に浮気調査を依頼される方がおられますが、そういった行為はプロの探偵でいうところの 【素人が調査現場を荒らす】 行為とみなされます。

あえて厳しい言い方を致しますが、そういった【素人の探偵ゴッコ】は、調査対象者や調査現場となる地域の近隣住民や関係者に警戒心を抱かせてしまう結果を招き、その結果は 【浮気調査遂行の難易度をいたずらにアップさせてしまう】 そんな蛮行に他ならない行為なのです。そうなれば、いかなプロの探偵であっても、最悪のケースでは【成功する浮気調査も成功不可能となってしまう】事も考えられます。

そうでなくとも、調査の難易度が高まれば、本来なら浮気調査時3名の尾行追跡の人員数で済むケースであったものが、 4名~5名と人員を増員しなければならなくなり、それは結果的に浮気調査の費用増額という形で反映される事にもなり兼ねません。 そうなれば依頼者様自身が、いちばん損をする事になるのです。

そのような観点からも軽々に自分で浮気調査をダメで元々やってみるというチャレンジは自殺行為に等しいといわざるを得ません。 ご自身で「裏切り行為が真実なのか確認したい」「一刻もはやく、浮気疑惑の悩みから解放されたい」そんな苦しい心境に突き動かされ、ご自分で浮気調査の真似事をしてしまうお気持ちはお察しいたしますが、その点、 本当に証拠を安全且つ低コストで取得したいのであれば「餅は餅屋」という格言通り、素直にプロの探偵を利用されるのが最も賢明な判断である とお願いする次第です。
女性探偵が泣く

でも浮気調査に多額の費用を払えない
泣き寝入りするしかないの?

高い浮気調査の費用は払えない

GPSレンタル等で自分で、妻(夫)の浮気の証拠を掴むのに、大きな危険が伴うのは理解したけれど・・・それじゃあ、 自分はどうすれば良いのか?浮気の証拠を掴んで、不倫をした当事者に相応の責任を取らせたい!でも探偵に高額な費用を支払う金銭的な余裕はないからこそ、自分で不倫の証拠が掴めないかと考えていたのに・・・。

そんな絶望的な気持ちになっているかもしれません。でもご安心下さい。弊社には浮気調査で完全成果報酬型のプランがございます。 これは成功報酬額・平均15万円~18万円程度の低価格で確実に、法的に100%の証拠能力を持った浮気の証拠映像を提供させて頂ける安心の料金プランです。

この不倫調査の完全成功報酬制プランであれば前述した法律的に確実な不貞行為の証拠映像資料が 撮れなければ 経費を含めて依頼者様の費用負担は0円。あくまで確実な浮気の証拠が撮れた時のみ、成功報酬額を頂く安心保証が付いております。

浮気の証拠が取れなかったら0円保証

また!その成功報酬額・平均15~18万円も完全定額制の安心ダブル保証が付いています。契約時に成功報酬額15万円と取り決めたならどれだけ調査の空振りになっても 証拠が撮れた際の成功報酬額は定額15万円で後々増額される心配がありませんので、調査を依頼したけれども何度も調査が空振りに終わってしまい、調査費用が雪だるま式に増えていってしまう等といった費用の心配も一切ありません。 GPSレンタルで危険なリスクを背負う位ならば、そんな危険なリスクは弊社に任せて社会的信用度と業界屈指の低料金・定額費用保証・0円保証とすべてが揃った弊社の完全成功報酬制プランで不倫調査はご依頼下さい。詳細はこちらの下記ページを御覧下さい。