不倫の慰謝料を相場より多く取るには! 名古屋浮気調査探偵社チカタン




見出し

不倫の慰謝料の相場は平均250万円
チカタンの依頼者は平均300万円超という差


不倫の慰謝料の金額を多く取る方法

私共が多くの法律事務所の弁護士や、または不倫問題に苦しんで弊社に浮気調査を依頼された依頼者様の多くのお話をお聞きするに、2018年現在、一般的な中流家庭での不倫の慰謝料の金額はケースバイケースではありますが、実質的にはどれくらいの金額が取れるものなのか?と法律相談に行かれると、多くの弁護士が【200~300万円程度】と回答するように思われます。

浮気相手などの不倫の当事者から取れる慰謝料の金額には様々な要因が絡んできますが、その金額を左右する大きなポイントとして、浮気調査を依頼する探偵社選びによって大きな差が出るようなのです。今、あなたがお選びになろうとしている探偵社・興信所は不倫・浮気問題に特化した技術やノウハウ、コネクションを有した事務所なのか、吟味される事が肝要です。

額

不倫の慰謝料を多く取れるかどうかは
選ぶ探偵社によって大きく差が出ます


名古屋浮気調査探偵社チカタンは、不倫調査・浮気調査の専門調査機関という形で20年間、累計6000件以上の浮気・不倫関連の民事訴訟案件に携わって来た弊社の中で一般的な中流家庭の依頼者さまが受け取れた慰謝料のアンケート統計の平均額は実質的な一般平均の慰謝料額250万円を大きく上回り、2018年1月時点で【平均315.2万円】。慰謝料の平均相場より25%も高い水準を維持している結果となっているのです。



また、特筆すべきは一般的には【不倫の慰謝料が取り辛い】案件とされるような事案も、そつなく一般平均より高額の慰謝料を取れている依頼者様が多いという点です。そういった【慰謝料を取るのに難易度が高い】とされる案件ですら、相応に【結果に繋げられる】証拠力の高さを知って頂く為に、実際の浮気調査の依頼者様のケースをいくつか、ご紹介します。

※依頼者様には匿名を条件に許諾を頂いております。

額

弁護士相談で聞いた不倫の慰謝料額より
慰謝料の金額アップの実績例



不倫の慰謝料の金額を多く取る実例


枠
↑↑↑
上記の浮気調査の依頼者様が平均額以上の
慰謝料を取得できた実績例の詳細ページはこちら


いかがでしょうか?法テラスなどの無料相談や、複数の法律事務所の弁護士に相談された結果『そこそこの不貞行為の証拠があったとしても、なんとか200万円取れるかどうか』という通り一辺倒ともいえる回答を受けていた不倫の被害者さまが、実際に弊社で浮気調査・不倫調査を依頼され、100%確実な不貞行為の証拠となる調査報告書を入手。その後、弊社提携の有能な離婚弁護士の優先的な紹介制度、その他の弊社の特典サポート体制によって、結果的に300万円近い慰謝料を取ることができた!といった最良の結果を導き出せたケースが決して珍しくないのです。

弊社の特筆すべき点はこのような【あまり高額な慰謝料が取りづらい】とされるケース、最も多い理由として例えるなら「収入がそれほど高くない」相手からも平均額以上の慰謝料を取っている依頼者様のケースが圧倒的に多いという点です。

平均収入の一般人サラリーマンから400万円という、平均額を大きく上回る慰謝料を、示談の和解金という形で受け取っている依頼者様も弊社では珍しいケースではありません。この大きな慰謝料の金額の差はどういった理由なのでしょうか?

探偵のヒント枠

高額な不倫の慰謝料が取れる理由は
浮気調査専門だからこその証拠品質


その理由はズバリ、浮気調査の調査力。これをご覧の皆様は『探偵社はどこでも同じ。ラブホテル滞在の証拠であればその証拠能力はさして変わらない』とお思いかもしれませんが浮気調査・不倫調査に特化した弊社だからこそ出来る、極めて高品質な業務結果があります。多方面の調査をまんべんなく行っている探偵社の事を「総合調査事務所」「総合探偵社」と申しますが、弊社は社名が表す通り、浮気調査に特化した探偵社です。

「総合探偵社」とは一線を画す特化型の探偵社という部分もあり、結果的にこと【浮気調査・不倫調査】に限っていえば、他社さまとの経験値・ノウハウが違います。

浮気調査は探偵と弁護士の連携で慰謝料の金額UP

また、そういった離婚・不倫問題に特化した探偵社である事から、経験豊富な離婚弁護士との密接なパイプがあります。

ご存知ですか?探偵もそうですが、弁護士にも得意分野が必ずあるものなのです。大病院を相手にして医療過誤分野を主戦場とする弁護士もいれば、保険会社からの依頼で交通事故分野での戦いを得意とする弁護士などなど、多岐にわたるのです。もちろん、弁護士はすべての分野の弁護を行えますが、やはり餅は餅屋。得意分野で戦ってこそ、その法律家の能力が如何なく発揮されるのはおわかりになるかと思います。

探偵依頼のヒント

離婚・不倫問題を得意分野とする
数少ない「離婚弁護士」らと専属契約


名古屋浮気調査探偵社チカタンが、数ある探偵の中でも浮気調査を専門分野とするように、不倫問題・離婚問題に特化した弁護士、それが俗にいう【離婚弁護士】という方々なのです。弊社で入手した100%の不貞行為の証拠資料の証拠能力の高さを、そのまま余すことなく活かすのは、ある程度の経験と実力がある法律家なら大丈夫でしょう。ただし、その100%の不貞行為の証拠を120%にできる、そんな芸当ができるのは、その分野に特化した離婚弁護士と呼ばれる法律家だからこそなのです。

探偵の浮気調査の報告書と離婚弁護士で相乗効果そんな不倫問題・浮気問題に強い専門性を持つ者同士が、不倫の被害者である依頼者様のために連携して戦えば、通常より20~40%も高額な不倫の慰謝料が取れるのは、至極当然の流れともいえます。

弊社の浮気調査の依頼者さまが通常より高額な慰謝料を取れる理由はこうした背景によるものなのです。重ねて申しますが、探偵も弁護士も専門性が大切です。【餅は餅屋】の格言通りです。

ただ、残念な事に離婚問題を専門として、それでいて経験豊富なで敏腕な離婚弁護士というものは名古屋はもちろんのこと、愛知県下でも決して多くはないのが現状なのです。

その理由は単純明快で【離婚弁護士はその苦労の割に儲からない分野】だからに他なりません。不倫・離婚関連の弁護士業務は、他の分野の弁護士費用と比較すると格段に安いのです。しかし、他人様の人生を左右する大きな問題であることは確かなので、業務としては企業相手の訴訟より、大変と言われます。だからこそ、離婚弁護士は少なく、それが「腕の良い、経験豊富な」離婚弁護士ともなると数えるほどしかいないのです。

困った探偵見出し

金儲け主義の法律家に不倫問題を頼むと
親身に動いてくれない


失礼を承知で申し上げるなら、お金儲け主義の弁護士先生は離婚問題などの案件はあまり弁護依頼を請けたがりません。儲かるとされる「借金の過払い問題」案件をやりたいとおっしゃいます。

大手消費者金融相手であれば、書類一つで比較的簡単に過払い金を取り返す事ができ、その成果分の報酬を楽に受け取る事が可能だからです。そんなお金儲け第一主義の弁護士に不倫・離婚問題の解決を依頼すると、こんな弊害が出てきます。

私共は長年、法律家の先生と会う機会も多いのが日常です。そうしていろいろな法律家の先生と相対していると、やはり、良くない弁護士等には決まってこういった特徴があるのです。
今、離婚案件、不倫案件をお願いしている弁護士がこれに当てはまる方は注意された方が良いかもしれません。

こんな弁護士はダメの枠
離婚問題・不倫問題・浮気問題
こんな弁護士には注意!
● 質問に対して丁寧に答えてくれない
● 定期的に進捗状況を連絡してくれない
● ビジネスライクで人情を感じない
● 折り返し連絡をくれない・とても遅い
● すぐに連絡が取れない

弊社が提携する法律家の先生方は、正義感と社会貢献の気持ちの強い、簡単に申し上げるなら『困った人を見過ごせない』タイプの先生方と提携しております。たとえ、さほどお金にならなくとも、離婚問題を専門に戦う離婚弁護士の先生は、真に良心的な弁護士といえるのです。

浮気問題ヒント額

依頼者様には良心的で有能な
「離婚弁護士」を優先的にご紹介可能


弁護士や行政書士は探偵業とは違い、その名の通り「士業」と言われる【国家資格】です。国家試験を通過した方々ですからどなたでも、相応の技術は持ち合わせておられるので心配はありません。(※逆に探偵社は素人でもすぐに開業できてしまうので注意が必要です)ただし、あなたが120%の結果をお望みであれば、探偵に関しても法律家に関してもその分野に特化した【離婚弁護士】&【不倫問題専門探偵】にお仕事を依頼される事をお勧め致します。

弊社の浮気調査の依頼者さまに関しては、ご希望があれば特典として優先的に、そんな私共が信頼する腕のすこぶる良い離婚弁護士のご紹介が可能です。不倫調査が完了して後、話し合いで解決が難しいといった事で弁護士・行政書士のご要望を受ければ、弊社が信頼する良心的かつ辣腕の法律事務所にスムーズにバトンタッチできます。後々になって「証拠は取れたけど、これから信頼できそうな弁護士を探さないといけないから面倒だ…」という、ご心労を軽減できるアフターサービスです。


ヒント見出し

浮気調査の費用は確実な証拠さえあれば
慰謝料で十分に回収できます


当たり前の事かもしれませんが、浮気調査を依頼すれば相応の調査費用が掛かります。業界水準でいえば、安価で成功報酬制も導入している稀有な探偵社である私共であっても、結果的には数十万円の費用が必要となってくる場合が多いのが実態です。

しかし、このまま、決定的な不貞行為の証拠を持たずに無為に時間を過ごしていれば、のちのち降り掛かってくる不倫・離婚訴訟などの争いで、あなたは被害者でありながら絶対的不利な戦いをしなければなりません。

【相手の不貞行為の立証が出来ない】たった、その一点を理由に不倫調査・浮気調査で支払う調査費用とは比較にならない、大きな経済的損失と人生の軌道修正を強いられる事はあなたの人生にとって有益では無いはずです。

また、受け取れる慰謝料額の平均を鑑みれば、浮気調査の費用を先行投資として支払ったとしても、後々、慰謝料で補てんが可能と考えれば、そこまでリスクの高いものでは無い事がご理解頂けるかと思います。

浮気調査をしても慰謝料で採算が取れる図

ただし、調査費用に50万60万、場合によっては100万円を超える調査費用を投資しながら、決定的な不貞行為の証拠が得られなかったらどうしましょう?100%の証拠能力がある不貞行為の証拠が無ければ、相手側に慰謝料請求は不可能です。簡単にいえば、高額な調査費用を無駄に捨てる事になるのです。その事態だけは避けなければなりません。

でも浮気調査で結果が出るかどうかは運次第の部分もあります。不倫調査を依頼したその日に限って、調査対象者が浮気相手と密会しなかったら?その日に限ってラブホテルに行かなかったら?そんな不運に当たってしまっても、興信所に対して10万円程度の調査費用を支払う事になります。そんな事が何度も続けば、すぐに考えられていた、浮気調査に割ける予算がなくなってしまう危険さえあります。

弊社ではそんなリスクを回避できる画期的な浮気調査の完全成功報酬制プランがございます。このプランは、不貞行為の証拠が得られたら料金が発生するといった成果報酬制の契約になりますので、結果が出なかった場合は料金は必要経費を含めて無料。前述したリスクを一切負う必要がない、安心の浮気調査プランです。ご興味があれば、どういったものか、下記リンクよりご説明ページをご覧下さい。


ちょっと見てみる枠
↑↑↑
不貞行為の証拠が取れなければ料金0円保証
浮気調査の完全成功報酬制プランの詳細解説ページはこちら