W不倫の浮気調査の費用例&慰謝料の取得額例

名古屋の浮気調査の探偵社チカタン

見出し

妻が職場でW不倫した浮気調査の費用例
妻の浮気相手男性から慰謝料を取った例

W不倫の図

この浮気調査の実例ケースは依頼者の奥さまである30代の既婚女性と、 40代の職場上司との不倫疑惑から始まります。 どうやら妻の 不倫相手も既婚者 で子供もいるらしい事が発覚し、既婚者同氏の不倫、俗にいう ダブル不倫 のケースとなりました。

このケースでは、依頼者の妻の不倫相手である勤務先の40代の上司男性に 慰謝料を請求した訳ですが、このケースの不倫の慰謝料の相場は基本的に下のようなものになると思われます。

枠
30代女性と40代男性の職場W不倫の場合
男性側が支払う不倫の慰謝料の相場は・・・
200万円~250万円が相場
ダブル不倫といっても相手から取れるであろう慰謝料額は普通の不倫の慰謝料と変わりません。 ただ、W不倫の厄介なところは 不倫の事実が発覚すると浮気相手の家族側からこちら側も訴えられる 可能性があるという事です。

ダブル不倫でお互いに慰謝料請求

こうなると不倫当事者双方の家族の出方次第で慰謝料請求にも問題が出てきます。 上図のようにお互いに不倫の慰謝料を請求し合うという事になれば、慰謝料は相殺される事になり、なし崩し的にプラスマイナスゼロで両家痛み分けという決着を甘受する事にもなり兼ねません。

こういった事態を避け、なおかつ、前述した不倫の慰謝料の平均相場金額を 大きく超える不倫の慰謝料を取るには、探偵に不倫の証拠収集を依頼する段階から、そのあたりのノウハウを持った探偵社に依頼され、それ相応の方針を得て動かなければ、折角、探偵に依頼して不倫の証拠写真を取ったのに、 慰謝料が相殺されてプラスマイナスゼロでは意味がありません。



不倫の慰謝料 弁護士に相談したら相場は
妻の浮気に悩む夫の事例
妻の浮気相手は
既婚者で職場の上司
W不倫だとこちらも浮気相手の家族から
訴えられる心配があります
慰謝料が相殺されてしまうかも…

弁護士予想 相殺されて 50 万円
350 万円
枠
不倫調査ケース② 費用例など解説
吹き出し
こちらの調査案件、奥さまの浮気相手は職場の上司で40代の管理職男性だったのですが、まず依頼者さまは弊社にご連絡頂く前に名古屋市内の法律事務所に相談に行かれたとのことでした。
相談を担当した弁護士からの回答は『こちらから慰謝料請求すれば、浮気相手の配偶者からも慰謝料請求される可能性がある。相殺されて、なんとか+50万円位に出来れば御の字でしょう』といった回答だったようです。確かに既婚者同士の不倫、俗にいうダブル不倫の場合、相手側からも不倫の慰謝料請求をされるリスクが伴います。

ただし、事前に然るべき準備・方針を踏まえて戦えば、そういったリスクは大きく軽減可能です。

今回の調査実例ケースでは、不倫の証拠を取る初動の段階から、依頼者様は多くの探偵社のHPを比較検討されたとの事でした。
依頼者
折角、証拠があっても
慰謝料が相殺されて
手元に残らないんじゃ
不倫調査しても無駄
なのかなあ…
その中でW不倫案件の慰謝料請求対策にも経験豊富な浮気調査に特化した弊社HPをご覧頂き、結果的に何社かの興信所の中から弊社に調査依頼を頂けました。

その信頼に応えようと、弊社のノウハウ、慰謝料請求に関するご相談にも乗らせて頂いた結果、最終的に相手方から慰謝料請求はされずに済み、また350万円という平均額を大きく上回る慰謝料の金額を浮気相手から取る事も出来たのです。

完全成功報酬制プランにて調査契約書を取り交わした後、即日調査に着手。約30日間で100%の不貞行為の証拠取得と浮気相手の住所もお調べし、万全の調査報告書として提出させて頂きました。
枠
調査費用 解説
調査費用内訳
調査契約内容・調査費用
浮気調査 完全成功報酬制プラン

不貞行為 ラブホテル証拠映像
成功報酬額20万円(税抜き)

相手男性の住所解明調査
成功報酬額7.5万円(税抜き)

調査車両代・ガソリン交通費
書面+動画報告書作成費用

以上、基本経費すべて込み
こちらの実例ケースの場合、調査対象者らはお互いに既婚者であり時間の制約も多々ある中、ラブホテルを利用して不貞行為を行っていましたので、ラブホテル滞在の証拠映像を成功条件に該当する映像として提供させて頂く運びとなりました。

また浮気相手の男は妻の勤務先の上司という事で、浮気相手男性の氏名は既に情報としてありましたので、今回は住所の判明調査のみを、完全成功報酬制プラン・成功報酬7.5万円で契約・実施させて頂きました行いました。

不貞行為の証拠に関しては、依頼者様と事前の打ち合わせの中で、浮気相手に対して重い制裁を課したいのご要望がありました。端的にいえば、それは金銭的に100%かそれ以上の慰謝料が取って大きな金銭的ダメージを浮気相手に与えたいというお気持ちとの事でした。

また、今回はダブル不倫の案件ですので
いかに浮気相手側の家族から不倫の慰謝料請求をさせずに、こちらだけが慰謝料を払わせるかという駆け引きが重要になってきます。

そういった駆け引きに勝つには、こちらが強い武器を保持する必要があります。最終的に、裁判等で戦う事になったとしても、こちらが断然有利であると相手側に思わせ、戦意を喪失させる必要があります。それは
証拠の回数なのです。「言い逃れ不可避な、万全の不貞行為の証拠写真が沢山あるぞ」というアピールをする事によって、相手は徹底抗戦を諦めるのです。

そのような部分も鑑み、最終的な収支のバランスも検討された上で今回は依頼者様のご同意の下、調査の難易度を算定させて頂いた結果、
不貞行為の証拠3回分の対象者と浮気相手男性がラブホテルを利用した鮮明且つ言い逃れ不可避な映像を取得。書面と動画の調査報告書として提出させて頂きました。 料金プランに関してですが、浮気調査の依頼者様は調査依頼時に時間従量料金制プランか、或いは完全成功報酬制プランで依頼されるか、どちらかプラン選択が可能です。

今回の場合は調査対象者である依頼者の奥さまの浮気相手が職場の上司であるという関係性がポイントになりました。職場の上司の部下という関係である不倫当事者らは、外回り営業と称して勤務時間中に示し合わせてラブホテルに行く事も考えられました。

また、残業という理由で帰宅時間を遅らせ、勤務時間外の遅い時間まで、デートやラブホテル利用を繰り返している可能性が高かったのです。しかし、実際に遅い時間まで残業をしている場合もあり、同様に、勤務時間中、本当に2人で外回り営業をしている場合もあるとの背景から、依頼者様側が空振りのリスクを負わないで済む完全成功報酬制プランでご依頼して頂く事となりました。

尚、基本的には相談時に「調査費用が安く済む可能性が高い」と予測されるプランをご提案しますが、どちらを選ばれるか、また不貞行為の回数に関してはこの調査案件に関して100%の慰謝料を浮気相手から取るにはこれくらいの証拠の回数が必要といったご助言は差し上げますが、それは絶対ではありません。

あくまで最終的には依頼者様のご要望・ご予算といったポイントを総合的に検討された上で依頼者様自身がご自由に選択して頂けます。

結果的に350万円の慰謝料を取ることができたとの事で、このケースでの平均的な慰謝料額を超え、また相手側家族から慰謝料請求もさせずに済んだとの事でご期待に副える結果となり、本当に良かったです。

              お客様担当者より


見出し

不倫調査ケース② お客様の声

探偵解説吹き出し
最初は、妻の金遣いが荒くなってきた事に不信感を覚えたことがキッカケでした。何にお金を遣っているのか問いただしても、付き合いとか、納得できない回答で誤魔化してきました。
やっぱりなにか怪しいと思い、妻の私物を調べると新しい洋服や化粧品、バッグ等を半年前あたりから買い漁っている事がわかり、もしかしたら浮気?と疑いを持って、色々と調べた結果、妻の職場の40代の上司が浮かんできました。

それからちょっと様子みていたのですがある日「書類整理の事務作業が山積みで今夜は残業で遅くなる」との妻からの連絡に胸騒ぎを覚え、わざわざ妻の職場に飛んでいったのですが案の定、妻のクルマは職場にありませんでした。

妻はそれから数時間後に何食わぬ顔で帰宅しました。そんな言動を境に色々と調べてみると、浮気は確実だと感じたので調査依頼をお願いしました。

弁護士からはW不倫は慰謝料の相殺がされる可能性があるから、結果的に慰謝料が撮れてもマイナスになるかもしれないとアドバイスされたのですが、どうしても悔しくて仕方なくて。

色々調べたところ、チカタンさんのHPを見付けて
「慰謝料をたくさん取る事に実績がある・浮気調査専門の探偵」とかの宣伝文句と証拠が出なかったら料金0円という料金のわかりやすさに魅力を感じて依頼しました。

探偵さんは尾行や張り込みとか、浮気の証拠写真取るだけとか、その前にちょっとコワモテみたいなイメージでしたが「普通より多くの慰謝料を取りたい場合はどうすれば良いのか」 「弁護士はいつのタイミングで・・・どうすれば?」とか、契約後も色々と、
難しい話も分かりやすく気さくに相談にのってもらえたので、かなり心強かったです。

あと探偵社なのに ALSOKと業務提携してるのも他の探偵社にはなかったので、ちょっと信用できるなって思いましたね。


ホームページにも載っていた、暗い場所での特殊カメラでの証拠映像のデモが、 私の調査でそのまんま実演されてる感じでちょっとびっくりしました。実は自分でも、先日、報告書に載っていた妻が利用したラブホにいってみたんですが、かなり暗い場所なのに、 あんなにはっきり証拠写真が撮れるプロの技術に感動しました。

どこにしようか、色々悩みましたがチカタンさんに頼んで良かったです。ありがとうございました。

鳥
豊明市 30代 会社員 依頼者様
見出し

あなたが浮気相手に慰謝料請求と同様に
相手の家族から慰謝料請求される可能性

この調査実例ケースでは、ダブル不倫である事から、こちら側から不貞行為を事実があると 浮気相手を訴えて慰謝料の請求をすると、浮気相手側の家族からも訴えられる可能性があるという事がポイントです。本件も、不倫の被害者である依頼者様が、浮気調査を探偵に依頼して100%確実な浮気の証拠写真を入手し、妻の勤務先の上司である浮気相手男性から平均200~250万円程度の慰謝料を取れたとしても相手側からも同様の金額を取られたのであれば、 最終的な収支がマイナスになる懸念すらあり得ます。

ただ、これは依頼者様が今後、夫婦関係をどうされるのか?によってその後の対応は変化します。離婚されるおつもりであれば、その後に依頼者様の元妻が相手側から訴えられても、離婚後の依頼者様には関係ないという見解もあります。

しかし、本件調査実例ケースの依頼者様のように離婚はせず夫婦関係を維持するそんな選択をされる場合、 相手側から依頼者様の奥様が訴えられ、慰謝料を取られる事はイコール、依頼者家庭全体の貯蓄を目減りさせることになり、依頼者様のお財布に直接負担がかかる事ともいえます。

そういった事態を回避するには詳細は伏せさせて頂きますがそれ相応の対応が必須となります。探偵が証拠を取る段階でもその点、細心の注意が必要となります。そのあたりのサポートを含め、弊社ではきめ細かい支援体制がございます。だから今回の浮気調査の実例のように、300万円を超える慰謝料を相手側から取る事に成功しているのです。※なお、実例ケースの依頼者様には匿名を条件に許諾を頂いております。